観光パスを使っておトクに楽しく市内を観光

北欧の美しい街オスロを観光する際に便利なのはオスロパス(Oslo Pass)と呼ばれる観光パスです。これはそれぞれの有効期間によって値段が決められており、24時間有効なものは395NOK(単位:ノルウェークローネ)、48時間は595NOK、72時間なら745NOKとなっています。これには多くの美術館・博物館や一部の史跡の入場料金の他にも公共交通機関の利用料が含まれているので、賢く使うことができれば、日本に比べて物価の高いノルウェーでも予算をセーブしつつ観光を楽しむことができるでしょう。ちなみに筆者は民俗博物館へ行く際にボートを利用しましたが、こちらもこのオスロパスで乗ることが可能です。 オスロパスは中央駅構近くのビジターセンターで直接購入するか、オンラインでも取り扱われていますのでそちらで購入することも可能です。パスを受け取る際には市内の地図や見どころのリストを一緒にもらうことができます。

おいしい魚介類&ちょっと珍しいお肉

海辺の街オスロでは近郊の海で獲れるおいしい魚介類を堪能することができます。なかでも特に有名なものはサーモンで、オーブンで焼かれたものやフィッシュスープに入っているもの、また燻製にされたサーモンがオープンサンドイッチに乗せられておりパンと一緒にいただくものなど種類が非常に豊富です。同じ魚でもお店によって調理方法や味付けが異なっているので、機会があれば食べ比べてみるのも楽しいでしょう。 そしてノルウェーで挑戦することのできる少し変わったお肉と言えば、トナカイの肉です。味の感じ方に個人差はありますが極端なクセの強さはありません。こちらもサーモンと同じく料理のバリエーションが多数あり、ステーキとしてそのままいただく他にも赤ワインなどで煮込んだシチュー、果てにはピザの上に肉片が乗せられているものなどさまざまです。 ノルウェー・オスロへ旅行する際には食に注目して旅の計画をたてるのも良いかもしれませんね!