「京の奥座敷」に宿泊しましょう!

「京の奥座敷」と言われる温泉街をご存知ですか?亀岡市にある湯の花温泉です。 湯の花温泉は、JR嵯峨野線で亀岡駅まで行き、そこからホテルの送迎バスが利用できますので、京都駅から約1時間で行くことができます。山あいの静かな温泉街で、戦国時代に刀傷を癒すために武将が訪れたという伝承が残っています。単純弱放射能泉で肌に優しい泉質です。露天風呂や大浴場でのんびりすると、日頃の疲れも吹っ飛ぶことでしょう。 山菜・鮎・松茸・猪肉など四季折々の旬の食材を用いた料理は、心を躍らすものがあります。地元産のおいしい米や野菜もふんだんに使っています。ホテルは6軒あり、露天風呂付きの豪華な部屋もあります。農業体験のできるホテルもあり、体験型のツアーも楽しめますよ。

亀岡の寺社や城下町を観光しよう!

亀岡には由緒のある寺社や明智光秀ゆかりの城下町の風情が残っています。温泉でゆっくりした翌日は、亀岡を観光しましょう。 吉田兼好の「徒然草」に登場する出雲大神宮は、創建1,300年以上の式内社です。鬱蒼とした神体山の前にある本殿に参詣すると身が引き締まる思いがすることでしょう。近くの耕雲寺から見下ろす亀岡盆地の景観は素晴らしいですよ。 「今昔物語」の身代り観音の伝説で知られる穴太寺は、西国巡礼の第21番札所でもあります。珍しい木造の釈迦涅槃像や庭園は一見の価値ありです。近くには、江戸時代の円山応挙の描いた襖絵を見ることのできる金剛寺もあります。 亀岡市の市街地は、明智光秀ゆかりの城下町です。戦災にあっていませんので、三重の濠や町家などを見学できます。 湯の花温泉に泊まって、古い歴史の残る亀岡を満喫しませんか。